TOPクリスマスローズヘレボルス原生地ツアー2015 3日目 プリトビチェな朝


ヘレボルス原生地ツアー2015 3日目 プリトビチェな朝
●3日目 プリトビチェ(クロアチア)

まずは余談から

良く”クロアチアやボスニアって英語通じるんですか??”って聞かれるのですが

一般的には通じません。 もちろんホテルや主要施設では通じますよ。

レストランのメニューも英語メニューがあったりするのでなんとなく感覚でわかったりするものです。
(田舎は無いですけどね)

でも日本でも英語ができないおばちゃんが”YES””NO”ぐらいわかるように

まったく通じないわけではありませんので~なんとかなるさ~と思えばなんとかなるでしょ。

あとは笑ってごまかす(笑)

ちなみに自分覚えたクロアチア語は”ドバルダン”(こんにちは)”ドブロ”(おいしい! 最高!みたいな)”ピーボ”(ビール)

この3つだけです。

通貨もクロアチアはクーナ、ボスニアはマルク、モンテネグロはユーロとそれぞれ違うからクレジットカードがないと大変なのですよ!




さて2日目からの続きということで、まずホテルに着いた御一行

気になるのは一人分だけ行方不明なスーツケース。

一体誰のが????????

おおっ! 

sakiさん(○の葉店長さんね) お疲れ様です。 

といっても明日にはクロアチアの国境で受け渡してもらえるので頑張るしかないっすね!

今日の夜は洗濯必須ですな(笑)

というわけで、あたくし、やっとカメラも手元に届いて一安心。

夕飯はホテル飯、しかも世界遺産プリトビチェの真ん中にある3つ星ホテルでっせ~~!

ということで多少期待するも~美味くなかったぁ~一番高いお魚(マス)頼んだのに。

でもね、ピーボ(ビール)とポテトは裏切らない。 これだけありゃ死にはしない。

というわけで、腹ごしらえの後は暖炉チャンネル(テレビでずっと暖炉の映像を流してる)つけっぱなしで寝てしまいました。

翌朝はみんなで早起きしてプリトビチェ国立公園を散策します。

ホテル裏の階段を下りて行くと公園入口のゲートがあり、さらに下っていくと
DSC_0020 (350x232)
無数の滝がおりなす見事な景色が.......あれ....? 
もっと広くとれるレンズがないと雄大すぎて上手く撮れないなぁ??
腕?? 
そうそれが一番足りないのはわかってますって。
こんな時こそドローンが欲しいってもんで素晴らしい絵が撮れること間違いなしですね!
DSC_0021 (232x350) DSC_0028 (232x350)
幻想的な宿り木、透明感が冴える水面、湿度ある美味しい空気、安らぎを覚える香り、そして滝とせせらぎが奏でる音。
感覚の全てに染みわたる自然力。 ここはとても素晴らしい場所です。 

足元には
DSC_0052 (232x350) DSC_0069 (232x350)
プリムラ.ブルガリスやスノードロップ
DSC_0060 (232x350) DSC_0041 (232x350)
ビオラやプルモナリア、他にもコリダリスやアネモネ.ネモローサなど大好きな植物がいっぱい!!
ニゲルも一株ありましたよ(葉っぱだけ)

あ~~あと5年ほどここにいたい!!

と思いつつ1時間ほどマイナスイオンをたっぷり浴びて、いつものハムパンチーズ(朝食トリオ)をたいらげた後はいよいよ出発!!

トルカータスを見にボスニア.ヘルツェゴビナに行きますよ! 

ボスニアと言えば~~現サッカー日本代表監督ハリルホジッチ氏の出身地でございます。

困った時は「ハリルホジッチ ドブロ(最高)!!」と言えばどうにかなるさ。

なんて話をしながら緊張&あっさりの国境越え~

帰ってきたぞ~トルカ天国!! 天気も良いしすっげ~楽しみだ!! 

長くなっちゃったから続きは明日!

3日目 その2に続く いよいよトルカータスの登場ですよ!


こんな季節はお花いじりしなきゃ損損!
みんながんばってますよ~ってことで気になったら↓をワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
にほんブログ村


(株)四国造園 
茨城県稲敷郡阿見町阿見5183 TEL 029-887-1973





スポンサーサイト

カテゴリ:クリスマスローズ
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |