TOP2012年04月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

ヘレボルス原生地ツアー 4日目 プリトビチェ~ヤイツェ
こんばんは~~

今日は一日雨でしっとりしてました。

そんな雨の中でもお客様いっぱい来ていただいてとってもうれしいです。

明日からゴールデンウィーク。

みなさん張り切って遊びましょう!!




さてプリトビチェのホテルで朝を迎える

目が覚めて時計を見るとありゃ~~もう朝食の時間だ~またお痛をやってしまった。

今朝は早く起きて散歩してプリトビチェ世界遺産の端っこを見るはずだったのに....

また来るか..なんて夢みたいなこと言って後悔しながらちょいと遅れて朝食タイム。

今日は初めてのボスニア入国だから嫌でもテンションあがるよね~

お腹がいっぱいになった頃には世界遺産を見られなかった悔しさはすでに記憶の片隅へフェードアウト。

荷物まとめて出発~~!

ホテルをでてほどなくしてすぐに国境地点に。 

この瞬間はいつも緊張するなぁ~でもすんなり入国あざ~~す! ハロー!ボスニア!!

そこからスーパーなんぞよりながら本家本元トルカータスボスニアのサイトへGO!

おおぉ あったあったバスストップ!!

torq bos 1
第一トルカータスボスニアはネクタリーがピコティーの美人さんでしたぁ~
そこからは砂利の細い山道を大きいバスでガンガン走り、いくつかサイトを訪れていきます。
torq bos 2 torq bos 5
次のサイトで見つけた小輪グレーバックのバイカラー&良い花形のベイン
torq bos 4 DSC_3345.jpg
苞葉がとてもきれいなコロコロピコティー&う~ん普通な(笑)トルカータス

torq bos 3
こんな道路わきの日当たりの良いところに咲いています。
ワンちゃんがお迎えしてくれました。 

torq odo 1
トルカータスボスニアは上のような日当たりの良い平原に咲いていました。
道路脇のサイトでも林の中よりは道路脇のほうがたくさん咲いていたりして、やっぱ陽の光が好きみたいですね。
花は小さめですが、草姿、草丈は以外に大きくてびっくりしました。
花形は丸弁~剣弁まで、色はバイカラー、ピコティーの個体が多く、前日のトルカムルチよりは色幅、個体差は少ないように感じました。 見慣れちゃったからかな???

それにしてもグリーンとグレーと花形のバリエーションだけでこんなに人を魅了するなんて

トルカータスってやつはホント魅力的な血筋だな~!

さてこの後はちょいと移動してランチタイム~~!!
ランチボス
ランチはMr.Soupこと隊長の号令でスープを飲んで、あとは連日おなじみMeet meat!
もう腹がパンパンでやばいよ....

そして午後からは次なるサイト トルカータス×オドルスのサイトに向かいます。

今日は予定に無かったオリジナル&初めてなサイトに来ることができてとっても満足!
隊長ありがとうございました~~!!



続く

スポンサーサイト

カテゴリ:クリスマスローズ

2012ヘレボルス原生地ツアー3日目 ブレッド~プリトビチェ
こんばんは~~

”ようやく暖かくなってきましたね。

お店では春の陽の下で植物たちが気持ちよさそうに咲いています。

野菜苗もようやく動き出してきました。”

なんて悠長な事言ってられないっす~~~

もうGW前ですよ~あっという間に4月が終わる 早いのなんのって。



さてこっちに来てからすでに原種は4品種

”リグリクス””フェヂダス””ニゲル””イストリアカス”と見られた一行。

ブレッドではちょっと拍子抜けしたけど、それでも何か得られた感じ

そんな想いを胸にバスに乗って向かうはこれから200kmはあるであろうクロアチアはプリトビチェ国立公園。

っとすんなり行きたいところだけど、実は前日、正ドライバーのバスが故障してその修理待ちの為一度前日泊まったのホテルにカムバック。(ブレッドへは代理ドライバー&バスで行ったのです)
cafe.jpg
カフェテラスでお茶しながらドライバーを待つもなかなか来ないのでしびれを切らしてクレープ発注!!

とたんにドライバー現れて、クレープ待ち。 貴重な時間はまったりカフェタイムに変わり行き先が一つ削除!!
途中のナーセリー行きは断念&残念。 良くも悪くもこのアバウトさがこの旅の最高の魅力なんだよなぁ~!

さて口の中に甘みが残るうちにさっさと荷物を積み込みいざ出発~~

長い旅路の先は、飛行機に乗るまでにはまったく行くはずじゃなかったコース。

そしてそれは、自分やM氏が最高に行きたかったコース。

そうアドリア湾側のH.m.ムルティフィダス~H.m.ムルティフィダス×トルカータス~トルカータス ボスニア~トルカータス×オドルス~オドルス。と大好物トルカータスの変異を見られるスペシャルルート!!

もうここからの2日間は目が離せないっすね。 鼻血ものです。

さて腹ごしらえはさっきのクレープでばっちり!移動の記憶は夢の中

早速、到着したムルティフィダスワールド

高速道路を下りるランプから見える丘陵には早くもムルティフィダスの大群生!!

油断して歓喜の声をあげていたらあっという間に通り過ぎてしまった~~!!!!

とすぐさま止まってムルティフィダスサイトに到着~~! 
R0017329.jpg
早速いましたムルティフィダス~~って写真一枚しか無いのなんでだろう~全部ピンボケだ痛い~~!

このサイトや他のサイトもそうですがH.m.ムルティフィダスのサイトは日当たりの良い開けた場所にあります。
何気に道路わきにあったりもしますので好光なのでしょうね。 
枯れ草の中にグリーンの花がとってもきれいっていうのはイストリアカスと一緒ですね。
ただこちらは花が小さめで形は整っているものが多いと思いました。色はグリーンがほとんどですが中にはピコティーのものがあったりして少しトルカータスの血が入っているのかな~?

花粉はボーダーレスゆえその線引きを我々がどう推測しようが計り知れないんですけどね~

さてうんちくはともかくさらに標高を上げて次のサイトはH.m.ムルティフィダス×トルカータスのサイト2連発!
早速行ってみましょう!
torumuru1.jpg torumuru2.jpg
torumuru5.jpg torumuru3.jpg
ここは道路脇の日当たりの良い開けた場所です。
写真の通りトルカータスのようなバイカラー~ムルチフィダスのようなグリーンの花まで色幅が豊富で見ていて飽きません! 3年前も訪れましたが落ち着いてゆっくり見ることができて改めてとても良いサイトだと思いました。 姿も小さめ、とってもワイルドで可愛い花達です。
torumuru4.jpg
美人さんですね~~!!最高!!

このサイト、トルカムルチのある場所からちょいと歩くと雑木林がありまして、そこには
niger bobin 1
ニゲルがあるのですよ~もう贅沢極まりないですね。

地面に這いつくばって写真を撮って、そのまま空を見上げて深呼吸。もうこのまま少し時が止まればいい。

なんてそんな気持ちとはうらはらに陽もかなり傾いてきました~~もう一丁行きますよ~~~!早く早く!!

ここも前に訪れた見覚えのある場所だ~でも記憶は前記のサイトと順番が逆でした。
石灰岩が露出しているとても広大な平原です。
torumuru 11 torumuru14.jpg
torumuru15.jpg torumuru12.jpg
ここも先ほどのサイトと同じような変異が多く見られます。
花は小さいけどステムはがっちり! 可愛いけど一生懸命生きている感じがします。

torumuru13.jpg
夕日に輝くトルカムルチ。 
空も地と空の境界線もとても雄大で、ヘレボにとってもヘレボ好きにとっても唯一無二のパワースポットだ! 
気持ちいい~~~!!

さてゆっくり日が沈む寸前まで見て、ホテルに向かいます。

ホテルは前にも泊まったことのあるプリトビチェにある”イェゼロ”
さすがは世界遺産の中にあるホテルだけあってなかなか良いホテル。
夕ご飯は肉&野菜&ビール&ワインを堪能して明日への鋭気を養うのであった。
R0017333.jpg

明日はいよいよボスニア突入だ~!っとその前に3年前は天気悪くて見られなかったプリトビチェを少しでも見ておかないとね。




続く



カテゴリ:クリスマスローズ

2012 ヘレボルス原生地ツアー ”リュブリアナ~ブレッド”
こんばんは~~

時差ボケ&体調不良&心に余裕なし。ということでひさしぶりの更新となってしまいました~

今やっと春の園芸シーズンに慣れてきた?のでいよいよ再開したいと思います。

それにしても寒くて今日もヘレボがまだまだ売れているというのが不思議というかちょっとうれしい。


さて

リュブリアナの初夜はメキシコ料理をたらふく食べて、部屋に戻ったら風呂も入らず寝てしまった。

恐るべしアルコールパワー (ていうか前日の睡眠不足が効いてたみたい) 

それでも翌朝はしっかり4時起床。 
まだ時間はあるけどバスの中でも寝られるし、こうして日記を書くと朝までの時間なんてあっという間に過ぎちゃうよ。

朝ご飯よりちょいと前にロビーに降りたらN夫妻がいたので一緒にリュブリアナの街を散歩。

晴れた朝の空気はとってもひんやり。気持ちがいいな。
R0017295.jpg
ブレッド城&守り神のドラゴン

あ~~時間が無い~~とここでホテルに戻って朝ご飯。
みんなもっと早く起きて街を散策してきたみたい~~そうだよなぁ~そうそうこれる街じゃないもんね。
ちょっと反省。

さて今日はニゲル&ムルティフィダス.イストリアカスを見にブレッド湖周辺へ向かう

3年前来た時に初めて訪れたサイト。
あの時はニゲルの大群生に圧倒されて舞い上がってしまったのを覚えている。
今日は落ち着いて見られるかな。
ブレッド湖
美しきブレッド湖

見覚えのある風景 バスを降りて前にも歩いたスロープを下りていく。
右手には、スミレやプリムラ、前にはちょこっとイストリアカスもあったような気がしたけど今回は見えないな。

そして前の雑木林の中にはニゲルの大群生が.......
R0017303.jpg

無い......

(-_-;ウーン 確かにここだよね~~うんうん間違えないよとみんなで再確認。
取り乱した思考回路を正常に戻して、良く見るとニゲルの小さい葉っぱがちらほら見えている。
もしこれが咲き終わった後だというのなら大量の花がらが見えるはず。それが2、3輪しかないとはこれいかに??

3年前に訪れた4人はただただ呆然とするだけであった。
3年前の様子はこちら

自然なのか人為的なものなのかなんてわかりようもないんだけれど
(とても人間の手でどうという広さでは無いんだけど)
異常気象や自然界のサイクルに物言わず従順に生きている植物達。
それが自生地のあるべき姿なのですね。
植物は人にその姿を見せるために花を咲かせるわけじゃなく
そこに息づくために一所懸命咲かせてるんだ。

これから育っていくであろう小さな葉っぱにエールを送る。
そしてまたあの息をのむような大群生を見せてください。

その場所を超えて先の斜面に行くとしっかりとニゲルがありました~~
ブレッド湖ニゲル
いたって普通のものから咲き進むときれいにピンクになっている花。
大きさも形もそれぞれ違う個性的な花達が自分たちを迎えてくれました~うれし~~。

そしてその傍らに
ブレッド湖イストリアカス
ムルティフィダス.イストリアカスが落ち葉のキャンバスにそのグリーンの花を際立たせ春の香りを放ちながらたたずんでいました。

ニゲル&イストリアカス 君たちをみて何だかとってもホッとしたよ~~。 

会えてよかった ほんと良かった。


ここは原生地

ここでしか知りえないことをまた一つ教えてもらった。

深いなぁ~~自然は

そして人間もまた自然に生きてるものだということ

いつ何が起こってもおかしくない 

大げさかもしれないけど、そんなことを再認識するのであった。



そして一行はその日のうちに次なる目的地に向かうため急ぎ足でバスに乗り込むのである。



続く

カテゴリ:クリスマスローズ

2012 ヘレボルス原生地ツアー ”ラスペチア~モンギドロそして...”
こんばんは~~~

くは~~毎日暑いっすね~~暑いと余計に疲れます。

でもお客様の顔たくさん見られるからお天道様にとっても感謝!

さて続き行ってみますか~~~

パルマからちょいと南下してラスペチア

続いては山側のリグリクスと言われているモンギドロ地方に向かいます~

ここは、前評では形の良い個体が多いと噂されていた場所。

はたして丸カップで良い香りの美人さんに出会えるのかな~~楽しみ~~~

さ~て昼飯は~っというとあれここ昨日の夜来なかったっけ???
DSC_3163 (640x424)
今日はハードスケジュール

悠長なこと言ってられないよ~ってことで高速SAで昼食

そしてボローニャの南モンギドロの山道へ突入~~~~!!

う~むなかなか出てこないなぁ~~~などと思っていたら道路横の下り斜面にリグリクス発見!!

すみませ~~ん バスストップ!! 先発隊が行って調査するもそこには花がかなり進んだリグリクスが群れをなしていました。

花形が良いとの噂だったのでもしやヴィリディスとの交雑地域なのでは??ということで目を凝らしてみましたが新芽に葉の切れ込みの強い個体はあったものの、95%普通のリグリクスだったように思います。
(写真もとりませんでした~)

少し戻ったところにもあるということで、来た道を少し戻って観察するもリグリクスはとても咲き進んでいてグリーングリーン
DSC_3196 (424x640) 
道の向かいの切り立った崖にカッコよくフェヂダスが咲いていてそれに夢中になっちゃいました
DSC_3180 (424x640) DSC_3185 (424x640)
かっこいいぞ~フェヂダス

イタリアの2サイトを見て、そこにリグリクスやフェヂダスがしっかり息づいているということに感動!

本物が見られたということで本来個体の持っている性質がしっかり確認できました。

リグリクスはちょいと日陰で水はけも良い場所に生息していて香りは基本的にはあるということ。花色は日本も見られるように黄色~グリーンのバリエーション。 花形も丸~剣弁まで様々です。まぁ基本剣弁が多いですね。

フェヂダスは光大好きで水はけの良い斜面に息づいていました。 
フェヂダスは広い範囲にあるみたいですね~~ いたるところで見られましたよ。

ワイルドで最高な初日の観察はこうして幕を閉じ、

そしてしょっぱなの予定では2日間イタリアのところ急遽スロベニアはリュブリアナに向かうことに。
DSC_3198 (640x424)
さらばイタリア まったくらしさを感じられなかったイタリア

ピザもスパゲッティーも生ハムもサッカーも何もなかったイタリア
(長友のユニフォーム着たイタリア人がいたよ~感動だ!)

でもフェヂダスとリグリクスがあったからそれでいいか。 

何を期待しているんだ自分

そんなことは最初からわかっていたじゃないか


なんて思いつつ、バスに揺られながら意識は一気にリュブリアナへワープ

気がつけばもう22時 日曜日のこんな時間にレストランやっているのかなぁ~
DSC_3202 (640x424)
とりあえず夜の街にくりだそう!!!

リュブリアナって風情があってきれいな街なんだけどなぁ~~
DSC_3204 (424x640) DSC_3223 (424x640)
落書きがとっても残念~~~!

夜な夜な街を歩いていると~~マクドナルド発見!!
これで食いっぱぐれは無いな~おっし!!

それにしてもサンデーナイトはみんないちゃいちゃしてんなぁ~~

くそ寒いのに夜中にバーの外のあるテラスの席でカップルが2人してビール飲んでるってのが結構多い

日本ではこんな誘いに女性が来るなんてありえないよね~。 でも自分には向いてるかも~スロベニア万歳!!

そんな人間観察をしながらふらふらしていると

H氏が”良さそうなレストランあったど~~~”とのこと

H氏海外では良いレストランを見つける嗅覚がすぐれているようで、地元の人しか行かないような路地をくりくり行くとそこにその料理屋さんは存在していました。

そこがまた美味そうなメキシコ料理屋さんで、適当に頼むもスーパーボリュームな料理にびっくり!!
味は最高においしくて大満足!! みんなの笑顔でH氏もご満悦!!!!
DSC_3209 (424x640)
これを飲んだら、今日はもう終わり

そして

すぐに明日がやって来る

早く来い明日! この旅はここからが本番だぜ!!

カテゴリ:クリスマスローズ

2012 ヘレボルス原生地ツアー 2日目 イタリア パルマ~ラスペチア
翌朝、目覚めたのは2時40分 結局時差ボケで全然寝られず

そのまんまギンギンの目で朝ご飯

相変わらずパン&ハムエッグ&チーズなんだけどここのパン超うまいっす。

さすがはちょい高級ホテル
R0017279.jpg
えっへん

さて~いよいよ今日からヘレボルス探索

ここはイタ~リア~~ 今ここに来ているメンバー誰も初入国の国

当然ヘレボルスのある場所なんてものは、ちょいとした地図情報しかわからないゆえ

はたして出会えるかどうか?? 

これがこのツアーの楽しいところ

みんながアンテナをビンビンに張って~車窓から発見次第、車を止めて捜索ということが始まるわけでございます

そして一行はまずリグリクス&フェヂダスがお住まいといわれているラスペチア方面に向かいます

車窓からはどこがイタ~リアなのか??まったく個性の無いヨーロッパな風景を走る

そして次第になにかありそうな山岳地帯に突入!
DSC_3067.jpg

うむ~~何かありそうだね~~~~

と思っていると、低木の下にヘレボを見た..気がする

と声も出せないまま~バスは峠道を走り標高をあげていく

すると道路わき右斜面の第一ヘレボ発見 まずはイタリアの顔というべき有茎種”フェヂダス”のおでましである

DSC_3095.jpg
道路わき日当たりの良い斜面にガンガン生えています~

普段は敬遠しがちな自分ですが、こうみるとなかなかワイルドで良いじゃないか~~

やはりこいつは地面が似合う。植木鉢なんていう狭い世界で育てるにはそれはそれは惜しいヘレボである。

ちょいと咲き進んでいる花が多かったかな??

するとちょいと奥行った水辺でリグリクスが咲いているとの情報が!!

カモ~ン無茎種! 足早にそこに向かうと~
DSC_3100.jpg
そこにリグリクスはありました。

鼻を近づけるももう咲き進んだ花からはなんの香りもせず

それにしても、こりゃ~~うちで売っていた花にそっくりだ。

リグリクスは、今お店で出回っているリグリクスと同じですね~

ってこの時点では思いました。

イタリアにての初ヘレボ。隊長が計画した通り出会えてよかった~~

そんな喜びを胸に一行は先に進むのであった~

さてみんなの心エンジンにも火が入ったようで、まわりを見る目も真剣そのもの

そして右手にリグリクスを発見 バスを止めて歩いて行くと~
DSC_3134.jpg
こ~~~んな景色の良いところに
DSC_3141.jpg
リグリクス発見!! 思わず鼻を近づける 何とも良い香りがするではないか!!

その他のリグリクスも
DSC_3142.jpg DSC_3146.jpg
形の良いものからちょいと乱れたものまでいろいろあったけど、香りの無いリグリクスって逆に何者なのか??疑っちゃうほどにどの個体もしっかり甘い香りがしました。

リグリクスはフェヂダスに比べると少し影目のところに生えているものが多かったですよ。
東向きの斜面とか、ちょいと林の中にあって西日は嫌いみたいです はい。

あと葉っぱが無いのに驚いたな~~だってお店なんかで売ってるときは比較的葉っぱつきの状態が多いからてっきり残っているものかと思ってました。 
やはり自然界では古葉は傷んで無くなるのが当然なのですね。 これで遠慮なく古葉が切れます。

傍らを見るともちろんフェヂダスお嬢様も口紅をつけておめかししたりして
DSC_3124.jpg
こんな芸(赤リップ)は稀かと思ったら普通にあるからびっくりしちゃった。

やっと出会えた原種のヘレボうれし~~~!!

そうして腹いっぱい匂いを嗅いで、心も満足でいっぱいの一行は

次なるサイト 

イタリアはモンギドロなサイトに向かうのであった。

カテゴリ:クリスマスローズ

2012 ヘレボルス原生地ツアー ”初日~イタリア パルマ”
さて~

成田についたら早速メンバーたちとモーニング!

初対面の人もいつもの人もこの植物を介せばつながれるってのは良く分かっているから和気あいあいと談笑。

今回の旅行も楽しそうだな~

そういやぁ~やっとかなきゃいけないのがスマートフォンの設定ね。

そのまま海外に行くとネットがつながりっぱなしになって相当額の請求が届くらしいのでみなさんも気をつけて。

自分のはなんだかわからないけど受け専用電話になってしまった。 こういうのはきちんと聞かなきゃいけませんね。

そんな話はともかく~

機内に入って席に着いたら目の前一人ひとりにモニターがついてるんですよ~って興奮してる自分に周りのみんなが驚いていた(笑) こんなの当たり前っていうかこの機はグレードが低いみたい。
じぶんからすりゃ~街頭テレビから液晶テレビだからすざましい進化でございますよ。
でも日本語の映画が一本ってのは航行距離に比べて少なすぎるだろうが(怒)
R0017231 min
ほぼずっとこの画面↑でした。(どこ飛んでるか画面)

さてウィーンで乗り継いで14時間ぐらいかな??

いよいよイタリア~はミラノはマルペンサ空港に到着~! 

初イタリア~~ボノ~~ボノ~~(←美味しいっていう意味)

それしか知らない日本人でも入国審査はすんなりOK!

話しかけられたらどうしようと思ったよ~ 周りから見たら絶対挙動不審。

そして

この旅のドライバー”サーショ”とご対面
DSC_3328 min
良い人オーラがばりばりでている若者で毎年組は過去3回お世話になっているからとても安心。

この旅も役立たずで良さそうだ。下手に手を出すと火傷するしね(言い訳(笑)

そして一行はサーショのバス(これがでかくて最高の乗り心地)のゆられてミラノから今夜のホテルがあるパルマへ

夜の高速は田舎道なせいか明かりがほとんど見えず日本と何も変わらず

今は夕刻、聞いたら2時間ぐらいかかるっていうから今夜のご飯は高速道路のサービスエリアでホットサンドみたいなやつとカプチーノで終了。 本当はコーラ飲みたかったけど緊張して頼めなかった(笑)
R0017263 mini
↑こいつはどこのSAでも売ってるけどかなりいけます。

そして
R0017265 mini
イブラヒモビッチの本。 イタリアだね~~~売れてんのかな あっちなみに有名サッカー選手です。

そしてバスで一寝入りしたらホテルに到着~~

いやぁ~びっくりするぐらいの豪華ホテル。
この部屋を一人で泊まるなんざ贅沢すぎますぜ
R0017267.jpg

パルマだぜ~~中田がいたパルマ パルミジャーノレッジャーノのパルマ 

今ここにいるのが実感わかないけど、確かにイタリアにいるんだ。

ピザでも食べれば実感わくのかな??

R0017272.jpg
都会の夜景は世界中どこでもさほど変わらず

せめて地図ぐらい持ってくればよかった~

なんて思っている間にだんだん眠気が~

ここには豪華ホテルらしくバスタブがついていたのでお湯貯めてはいったのだけど

カーテンとかついてなくてトイレまでビシャビシャ(泣) 入浴難易度★★★★★だな(笑)
R0017274.jpg
↑すごいトイレ~2つもついてんの。

最後はフロとトイレを掃除してベットに入りましたとさ

その時 すでにAM1:00なり

いよいよ明日から冒険だ

おやすみなさい

カテゴリ:クリスマスローズ

2012 ヘレボルス原生地ツアー ”プロローグ”
こんばんは~~いよいよ書き始めますよ~

もう考えるときりがないので、ざっくりいきますね~

といっても思考の中までおしゃべりな自分は結構だらだら書いちゃうわけで、これまた自分の日記も兼ねているということで勘弁してやってください。

第一日目ってよりはまずは今回の旅について

毎年ヘレボルスの原生地に足を運んでいる面々から今年も案内が届いた

今年はイタリア~スロベニア~クロアチア~ハンガリー~オーストリアというコースらしい。

2009年に一度原生地を訪れたときはてんぱっちゃって何が何だかわからないうちに終わってしまったから

必ずまた行こうとは思っていたが、次に行くときはボスニア行きたいなぁ~なんて思っていた自分はイマイチ気乗りしなかったというのが本音。

でもなんだか心のムシが騒ぐ。 何かが背中を押している。

これは行くしかないだろ~~~!!!って簡単に言うけどお金も時間も家族の理解も必要だよな。

1月ぐらいからわざとらしく家族の前では声にだして悩んでるふり

でもこんなご時世だし、昨年は地震だったし、とても大切な春のような気がしたから最後まで悩んだんだけど

締め切りぎりぎりで家族に”俺、今年行くよ”ってぽそって言ったら

”今さら何言ってんの? 初めから行くんじゃなかったの?”って逆に聞かれて自分がびっくりした。

おれより周りのほうが自分の事を良く分かっているみたい。

今回の日程はなかなか行けない国にも行けるし、参加を決めた後の話で、旅行日程は情報次第では変わるかもということで、もしかしてボスニア~~なんて夢を抱きながら、旅行までの一ヶ月は期待を胸に働いた。

そして

出発の朝は待たずしてもやってくるんだな。

赤いオデッセイは予定より5分早くやってきた。

心の中は気持ち良く送り出してくれた家族に感謝の気持ちでいっぱい。

運転席にS氏の顔、助手席には初対面の女性(謎笑)

S氏の顔を見ると途端にヘレボモードに突入する感じがするな~

これは今までもこれからも変わらない気がする(笑)

いよいよ成田。 この瞬間が旅の中で一番好きだ。

地に足をつけて、しっかり見てこよう!待ってろよヘレボども~!

R0017225 min


カテゴリ:クリスマスローズ

只今帰りました~~!
こんばんは~

只今、ヘレボルス自生地ツアーから戻りました~~

今回は、天候にも恵まれた限りなく魅力的なルート、そしてヘレボルスに取りつかれたベリーハッピーな面々と笑いの絶えない最高のツアーになりました。

ツアーレポートは、感覚の残っているうちに飛行機であらかた書きあげたので

写真整理してからはじめたいと思います。

今回は動画撮ったりしたものだから、写真はちょいと少なめかな~~

でも楽しく読んでもらえるように頑張って&楽しんで書きますね~


H.m.ムルティフィダス (クロアチアにて)

今はちょいと時差ボケでねむいですが、我慢して夜までは起きよう

20時間前はウィーンの市内を散策していたなんて...かなり昔のことのように感じますが

現実に戻って明日からはお仕事しっかりやらねばね。


リュブリアナからかろうじてブログ更新してみたのですが

その後はPC無くて更新できませんでした~

コメントいただきまことにありがとうございます。

返信できずすみませんでした。 見られたらもっと写真撮ったのになぁ~~~~~

では、ツアーレポート楽しみにお待ちください

今日はもう頭が働きませんのでここらへんで失礼いたします。


カテゴリ:クリスマスローズ

ima asamesidesu
goodmorning!

nihongo de kakenai kara romajide

korekara niger miniikimasu

kotti ha yoi tenki desu



カテゴリ:未分類
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。