FC2ブログ
TOP2011年09月24日


マイヘレボ道 ”肥料な話”
おはようございます

気温も25度をきって一気に秋模様。

植え替え、肥料と今までやりたくてもできなかったヘレボいじりが安心してできるようになりました。

さて

今日はヘレボ~な肥料の話ってなわけで

これまた液体肥料から有機肥料までいろいろありますが、何使ってよいのやら結構悩みどころですよね。

だいたい肥料って商品によって何が違うのか良く分からないし、わかろうとしてもなんとも面倒くさいっての正直なところ。

でも最低限”これだけは知っておきたい”っていうのが、植物の3大栄養素(N(窒素)-P(リン酸)-K(カリ))の意味と配合度合。

単純に窒素(葉茎)、リン酸(花実)、カリ(根)の成長に効果ありとのことなのですが、肥料には必ずその配合度合が表記してあります
IMG_6119.jpg IMG_6121.jpg
”その肥料の性格はこの数値のバランスによってだいたい決まるのです”
と単純に言いたいところだけれどそう言えないところが肥料の奥深いところ。
説明しだすときりがないので、マイヘレボ道へ戻りましょう~

自分的”肥料”の使いかた。

●まずは植え替え時に”マグァンプK 中粒”を適度に混ぜ込みます。
(マグァンプKは土に混ぜて使う肥料です)

<秋>施肥2回

●9月後半~10月初旬、11月中旬~下旬  

プロミック(12-12-12)15cmスリットロングポットに2粒+バッドグアノか骨粉(少々)(リン酸分&カルシウム)
IMG_6112.jpg
自分は業務用使ってます(9.3kg 6000粒で10500円)
小袋より断然お得です。

★秋の施肥は開花見込み株については花芽の育成促進のため、リン酸分が多めの肥料をあげたほうがよいとの事
昨年まではプロミックの花用(8-12-10)を使っていましたが、今年はプロミック(12-12-12)に花芽充実リン酸強化として骨粉、バッドグアノをプラスして使ってみます。 骨粉はリン酸分、バッドグアノはリン酸成分以外にもカルシウムなど微量要素も含まれています。

ちなみにプロミックの花用だけでも十分効きますよ(安心だし使いやすいです)

なぜ変えたのか? 

ただ開花株と苗とで使い方を変えたかったのです。(他の植物にも使いたかったというのもあります)
ちび苗くん(1~2年生)については単純にプロミック(12-12-12)だけを与えます。


※1月~2月は基本的にあげません


●3月~4月中旬 (開花後)

有機肥料(発酵油粕) 適量

この時期はぐんぐん育つので”ボディー成長系”の肥料を与えています。

油粕系の肥料もいろいろありますが、成分表をみると”5-7-6”とか化成肥料に比べて成分が少なめのものが多いと思います。

それでも”あなどることなかれ!”
バイオゴールド東商の”超発酵油粕”なんぞはものすごく効きます。

成分的にはリン酸分が多いものでも、なんとなく窒素分がきいているような気がするのは自分の感覚の問題かもしれませんが、株全体に力がみなぎっていく感じは癖になります。

肥料成分そのものというより”どう効かせるか”ってところがメーカーの腕の見せ所なんでしょうね。

おすすめの肥料としては上に書いた2つ バイオゴールド と 超発酵油粕。
値段はちょっとお高めですが、”効いてる感”ぐっと伝わってきますよ。
baio.jpg 超発酵

ちなみにバイオゴールドの場合は、5号鉢で8粒ぐらいで十分かと。
(もったいないのできちんと数えてのせてます(笑)

もちろん化成肥料を含め、他の肥料でも十分効きますのでこの時期の施肥は忘れずに!

自分が肥料を与えるのは以上の3回です。

他にも液体肥料や活力液など適宜に施すとより良く成長すると思います。

お持ちのヘレボ&植物達と対話をしながら、施してあげてくださいね。

ただし

かわいさ余っての肥料のあげすぎには十分注意してくださいね~

また今回の施肥についてのレポートもアップしていきたいと思います。

あっちなみに上に書いた肥料、バッドグアノ以外は取り扱いありますので..(ちゃっかり宣伝 ( ̄m ̄* )ムフッ)



さて自分もお店行って肥料やらなきゃ!


長文お付き合いありがとうございましたぁ~~~

(⌒∇⌒)ノ


ちょいとは参考になったよd(-_^)と思っていただけたなら
↓をワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村
↑クリロブログいっぱい! 情報満載です!
お店情報、地図はブログ左側の欄に載ってますよ!




スポンサーサイト



カテゴリ:クリスマスローズ

ヘレボ土の話
こんばんは~

今日はすがすがしい天気でした~ね。

ヘレボなお客様、ヘレボな会話もあちこちから聞こえてなんとも盛り上がってまいります。

さて

今日は”土”の話。

そういえばこのブログであまり触れたことがないような気がするなぁ~
何故か?といえば、これだ!って自信が無かったからだろうなぁ~多分。
他の専門店様がオリジナル培養土など出しているのに何とも情けない (ー。ー)フゥ

でもなんとなく今年はいい感じなので参考までに。

2010”自分的”ヘレボ土の配合

硬質赤玉土(小粒)20%
硬質赤玉土(中粒)10%
 
硬質鹿沼土(小粒)20%
蝦夷砂  (中粒)20%

腐葉土      20%
EM牛フン    10%

マグァンプK(中)適量

う~~~ん 普通ですなぁ~~~~(笑)普通が一番!!
水持ちもそれなりに良いし、夏場も楽ちん管理。 根っこの具合も上々です。
もちろん、株もしっかりできていますよ~。

(ポイント)
蝦夷砂いいっす。 軽いし硬いし空気も良く通りそう。 軽石より感じ良いなぁ。
蝦夷砂

たい肥  やはり良い菌は肥料の分解も違うだろうしという期待のもとEM菌(善玉菌)入りにしてみました。
牛フン 2
(でも殺菌剤であっけなく死んじゃうのかな??)
硬質赤玉土 やっぱり茨城ってことで二本線 カッチカチやぞ!
赤玉
こいつを使うと他は使えません。

鹿沼土 硬いと評判○杉印 
鹿沼土
ヘレボの超有名ナーセリーも使っていますよ。

腐葉土は完熟の物を

マグァンプKは中粒で適量。 でもしっかり混ざってるか不安です(笑)

以上材料も一品一品すぐれものでございます。

これまでもいろいろ試してるのですよ。
ちょいとプレイバック
<2008>赤玉土30%+腐葉土30%+鹿沼土30%+くん炭+マグアンプK
この前の年までは赤土50%ぐらい使ってたのですが、思ったように育たないから思い切って金かけてやってみました。水はけよくて水やり大変だったけど、その甲斐あってか成績はとても良かったぁ~。

<2009>赤土20%+硬質赤玉土20%+鹿沼土30%+腐葉土20%+馬フンたい肥10%
数が増えたので、コストおさえるのにちょいと赤土使ってみた。 
ここで感じたのは、やはり赤土を使うと通気性がそがれるのか夏に根がやられる。 
水持ちが良くなって水やりの頻度は少なくなるも、カラカラにすると一度の水やりでは底までいかないので何度もやるはめに。
馬ふんたい肥は正直なところ効き目は良く分からず。 でも粉っぽいから入れ過ぎるのは良くないと思った。
ヘレボ達の成績は前年に比べればイマイチくんでした。

<2010>培養土50%+硬質赤玉土(中+小)50%+マグァンプK
うちの培養土が調子良いので赤玉土混ぜてヘレボ全部に使ってみた(これまでもちょくちょく使ってました)
初めのうちは団粒構造で水はけもばっちり、たい肥分が多いせいか初期生育もとても良いが、後になってくるとさすがに泥っぽくなってくる。 でも猛暑だったにかかわらずヘレボの成績は上々。 赤玉土だけじゃなくて鹿沼土や蝦夷砂混ぜるとかなり良い感じになりそうです。 

もうあっち行ったり、こっち行ったりで大変でしょ(笑)
正直、生育重視は当たり前なのだけれど、コストも度外視できないってもありましてそこに迷いが生じてこんな風になっちゃうわけです。

でも今年からは、”妥協なき生育”を心がけて土もしっかり配合しようと。

その代わり、”良いか悪いか良くわからないものは省こう”ということで今年の配合。

ヘレボについては”必要十分”を満たしていたらそれ以上はいらない。

自分なりに答えを見つけたかな?という感じでちょいとうれしいわけです。

迷っているなら、ぜひお試しくださいね。

それでは

長文お付き合いありがとうございました~~(⌒∇⌒)ノ

ちょっとでも”為になった”と思ったら~
↓をワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村
↑クリロブログいっぱい! 情報満載です!

お店情報、地図はブログ左側の欄に載ってますよ!


カテゴリ:クリスマスローズ
| Top Page |